バーサドライブ DSP

SC-24、SC-48:生産終了モデル

  • 完全なデジタルサウンド処理ソリューション
  • ロー/ハイシェルフを備えた8バンドパラメトリックEQ
  • リミッター/クロスオーバー/フィルター
  • 各出力チャネルの独立した処理
  • 会場設置のためのパスワード保護
  • 24ビット96KHz AD / DAコンバーター
  • 40ビットの内部処理
  • USB / RS232およびRS485接続
  • ユーザーフレンドリーなソフトウェアが含まれています

制御する

Versadriveスピーカー管理システムは、ライブサウンドエンジニアが必要とするすべてのデジタル信号処理と詳細な制御を提供します。

好むと好まざるとにかかわらず、PAシステムは複雑であるのが現実です。 最適なスピーカーとアンプの組み合わせを選択するのに多くの時間が費やされ、システムは簡単に成長する可能性があります。 したがって、リグ全体で最高品質のサウンドを確保するために制御を維持することが不可欠です。

きちんとした1Uラック設計にパッケージ化された、LCD画面を備えた直感的で簡潔なフロントパネルにより、エンジニアはスピーカー構成に必要な調整を正確に行うことができます。 

ソフトウェア制御

Versadriveのすべてのパラメーターは、PCを介して制御できます。

これは非常に便利であるだけでなく、EQとクロスオーバーポイントの明確な中央のグラフィック表現が表示されます。 これにより、チャンネル設定をコピーしてプリセットを整理する作業も簡単になります。

PCソフトウェアを使用すると、システムのバックアップを作成することもできます。

リグを制御するための効果

エフェクトの膨大な選択肢があなたの指先にあります。

入力側には、ゲイン、ミュート、リンク、ハイパスフィルター、ローパスフィルター、ノイズゲート、8バンドパラメトリックEQ、31バンドグラフィックEQ、位相および遅延が含まれます。

出力セクションでは、クロスオーバー、5バンドパラメトリックEQ、ゲイン、ミュート、コンプレッサー/リミッター、フェーズ、遅延、リンクの任意の組み合わせを使用してセットアップを行います。

リグを拡張します

485つのVersadriveはそれ自体が強力ですが、RS255接続は、最大1500メートルのリモートコントロールで最大XNUMXユニットをリンクする機能を開きます。

完全なスタジアム、スーパークラブ、またはマルチルームのインストールは、ラップトップでXNUMX人で簡単に管理できるようになりました。 USB接続と付属のソフトウェアは、さまざまなイベント用に独自のプリセットを更新するためのアクセス機能を備えた別の視覚補助として機能します。

DSP品質

すべてのVersadriveモデルは、最高品質の24ビット96Kを備えていますHz AD / DAコンバーターと内部DSPは、40ビットプロセッサーによって処理されます。  

入力と出力の位相調整、遅延タイミング、圧縮、制限、パラメトリックEQ、およびHPとLPフィルタリングの複数の選択肢から、システムが完全にバランスするまでパラメーターを簡単に調整できます。 

規格

モデル名SC-24 / SC-48
入力効果ゲイン、ミュート、リンク、ハイパスフィルター、ローパスフィルター、ノイズゲート、8PEQ、31バンドグラフィックEQ、位相、遅延
出力効果クロスオーバー、5PEQ、ゲイン、ミュート、コンプレッサー/リミッター、フェーズ、遅延、リンク
ソフトウェアCDまたはダウンロードで含まれています。 フルマトリックス入出力制御。 直感的なUI。
ユーザープリセット20
リンク可能な合計ユニットRS255およびオプションのワイヤレスルーター経由で485
オーディオ入力
SC-242xバランスXLR
SC-484xバランスXLR
オーディオ出力
SC-244xバランスXLR
SC-488xバランスXLR
USB1(PC制御)
イーサネット1
RS232ポート1
周波数特性20 Hz〜20 KHz
S / N比> 115 dB
歪み(THD)0.005 KHz(1 dBu)で<0
最大出力レベル+20dBu
インピーダンス<500Ω
D / Aコンバーター24ビットシグマデルタ
サンプリング・レート96キロヘルツ
ディスプレイ20 x 2 LCDパラメータ/機能ディスプレイ、
5セグメントLEDレベル表示
寸法480 X 50 X 45ミリメートル
重量 2.62キロ

ダウンロード