DP-Nシリーズ アンプについてDif-fir-entlyを考えてください

内部DSP、FIRフィルター、Dante™接続などを備えた強力なクラスDアンプ。 2オームまでの安定性…..

  • 1Uラックの巨大なクラスDパワー
  • 4つの個別の増幅チャネル
  • 内部DSPとコンピューター制御
  • 2Ωまで安定。 複数のスピーカーまたはラインアレイエレメントを駆動する
  • 512タップのFIRフィルタリング
  • 90 V〜260 VAC動作電圧
  • Dante™接続
  • 70V / 100V対応モデル

DP-2200N

1のx 9520 ワッツ
4オームブリッジ
  • 2チャンネル
  • 8オーム2x 2000 W
  • 4オーム2x 3400 W
  • 2オーム2x 4760 W
  • 16オームブリッジ1x 4000 W
  • 8オームブリッジ1x 6800 W
  • 4オームブリッジ1x 9520 W
  • 100 V Hi-Z 2 x 3400 W
  • 70 V Hi-Z 2 x 2400 W

DP-4100N

2のx 5780 ワッツ
4オームブリッジ
  • 4チャンネル
  • 8オーム4x 1000 W
  • 4オーム4x 1700 W
  • 2オーム4x 2890 W
  • 16オームブリッジ2x 2000 W
  • 8オームブリッジ2x 3400 W
  • 4オームブリッジ2x 5780 W
  • 100 V Hi-Z:いいえ
  • 70 V Hi-Z 4 x 1700 W

DP-4065N

2のx 3740 ワッツ
4オームブリッジ
  • 4チャンネル
  • 8オーム4x 650 W
  • 4オーム4x 1100 W
  • 2オーム4x 1870 W
  • 16オームブリッジ2x 1300 W
  • 8オームブリッジ2x 2200 W
  • 4オームブリッジ2x 3740 W
  • 100 V Hi-Z:いいえ
  • 70 V Hi-Z 4 x 1100 W

DP-4035N

2のx 2020 ワッツ
4オームブリッジ
  • 4チャンネル
  • 8オーム 4 350でX
  • 4オーム4x 595 W
  • 2オーム4x 1010 W
  • 16オームブリッジ2x 700 W
  • 8オームブリッジ2x 1190 W
  • 4オームブリッジ2x 2020 W
  • 100 V Hi-Z:いいえ
  • 70 V Hi-Z:いいえ

制御する

内部DSPのパワーを活用する

付属の編集ソフトウェアは、DP-Nアンプ内のすべてのシステムパラメータとDSP機能の実用的な概要を提供します。

DP-Nをリモートで監視および編集するのは簡単です。

Redundancy

DPシリーズアンプは「ミッションクリティカル」な環境で使用されます。 したがって、冗長機能を提供するために「自動」モードが組み込まれています。

入力を「自動」に設定すると、外部接続で問題が発生した場合に入力が変更されます。
(スイッチのタイミングと遅延の問題を補うために、内部遅延を使用することをお勧めします)

FIRフィルター

FIRフィルタリングは 

  • 大きさと位相の独立した制御。 
  • より詳細なイコライゼーション。
  • 周波数と電力応答の最適化。

安定 2オーム

巨大な出力と2オームまで安定

DP-Nシリーズの出力値は驚異的です。定格電力出力は、THD = 1%、連続正弦波1 KHzで測定され、各チャネルは同時に動作します。 

DP-Nアンプも2オームまで安定しています。 これにより、複数の8Ωまたは16Ωスピーカーを極端な電力で駆動できます。

DANTE™

Ultimo 4×4チップセットを使用すると、DP-NアンプはDante™エコシステムに簡単に参加できます。

  • 最大96KHzのデジタルオーディオ接続 
  • リモート、ネットワーク制御。
Audinate®は、Audinate PtyLtdの登録商標です。
Dante®はAudinatePtyLtdの登録商標です。

システムを構築する

DP-Nアンプはあなたの大きなラインアレイのために作られています!

 

たった3個のDP-4100Nで……大規模なシステムを作成できます。

70 V / 100V対応

この高インピーダンスシステムの例では、DP-2200Nは最大100個のi8Tスピーカーを駆動できます。この構成では、100個未満のi8Tを駆動することもできます。 2から100までの任意の数!



100 Vモードに切り替えると、 DP-N(F)モデルでは、ピークリミッターとRMSリミッターが自動的に設定されます。 EQセクションで設定する必要があるのはHPFのみです。

重要:負荷をアンプに接続する前に、まずインピーダンスブリッジを使用してラインインピーダンスを測定します(単純な低コストのユニットで十分です)。 負荷インピーダンスが低すぎると、パワーアンプに負荷がかかり、過熱または歪みする可能性があります。 100Vまたは70Vの回線に無制限の数のスピーカーを接続できるというのは神話です。 負荷インピーダンスがアンプの最小動作インピーダンスよりも低いと測定された場合は、次に低い電源タップですべてのスピーカーを再度タップします。 これにより、負荷インピーダンスが上昇します。 もう一度測定します。 

仕様

モデル DP-2200NDP-4100NDP-4065NDP-4035N
定格電力(THD = 1%、各チャネルは連続正弦波1 KHzで同時に動作します)8Ω/ステレオ2 2000でX4 1000でX4 650でX4 350でX
4Ω/ステレオ2 3400でX4 1700でX4 1100でX4 595でX
2Ω/ステレオ2 4760でX4 2890でX4 1870でX4 1010でX
16Ω/ブリッジ1 4000でX2 2000でX2 1300でX2 700でX
8Ω/ブリッジ1 6800でX2 3400でX2 2200でX2 1190でX
4Ω/ブリッジ1 9520でX2 5780でX2 3740でX2 2020でX
100 V Hi-Z2 3400でX
70 V Hi-Z2 2400でX4 1700でX4 1100でX
出力RMS電圧126.5 V89.4 V72.1 V52.9 V
最大入力レベル8.7 Vrms(+21 dBu)(デフォルトゲイン)
デフォルトゲイン(定格電力、1 KHz)24デシベル21デシベル19デシベル17デシベル
ゲイン(定格電力、1 KHz)24 dB〜42 dB21 dB〜39 dB19 dB〜37 dB17 dB〜35 dB
THD + N代表値:0.05%(定格電力10%、8Ω)
クロストーク≥90dB(20 Hz-1 KHz、定格電力未満、8Ω)
周波数特性標準値:+ 0、-0.5 dB(10%定格電力、20 Hz〜20 KHz、8Ω)
入力インピーダンス20kΩ(バランス)、10kΩ(アンバランス)
減衰係数≥1000(20 Hz-200 Hz、8Ω)
SNR≥105dB(デフォルトゲイン、A加重、20 Hz〜20 KHz、8Ω)
主力90〜260 VAC、50/60 Hz
保護電力不足電圧保護、増幅器出力DC保護、熱保護、温度電力制御、過負荷電力制御
サイズ(W×H×D)483 X 45 X 376ミリメートル
正味重量9.3キロ9.1キロ9.1キロ8.0キロ

資料をダウンロードする

PC編集ソフトウェア

PC用のZipファイル

DP-Nシリーズメディアライブラリ

(OneDriveライブラリへの外部リンク)