DP-Fシリーズ アンプについてDif-fir-entlyを考えてください

内部DSP、FIRフィルター、2xイーサネットコネクタなどを備えた強力なクラスDアンプ。 2オームまでの安定性…..

  • 名前は変わりませんが、機能は更新されています。  
  • 更新された DSP コントローラー ソフトウェア機能
  • 内部DSP機能の強化
  • 新しいIPSカラーディスプレイ
  • XLRコネクタのロック
  • AES/EBU入力
  • 1Uラックの巨大なクラスDパワー
  • 4つの個別の増幅チャネル
  • 内部DSPとコンピューター制御
  • 2Ωまで安定。 複数のスピーカーまたはラインアレイエレメントを駆動する
  • 512タップのFIRフィルタリング
  • 90 V〜260 VAC動作電圧
  • イーサネットネットワークコネクタx2
  • 70 V / 100V互換モデル
  • 力率改善による効率向上
  • 包括的なダウンロード可能なプリセット ライブラリ

新着情報 ?

2023 年 XNUMX 月より、Wharfedale Pro DP-F および DP-N シリーズ アンプが大幅にアップグレードされました。
   出力電力、モデル番号、構成は同じですが…..、新しい DP-F および DP-N モデルはすべて…..

  • 更新された DSP コントローラー ソフトウェア機能
  • 内部DSP機能の強化
  • 新しいIPSカラーディスプレイ
  • XLRコネクタのロック
  • AES/EBU入力

製品名は変わりませんが、追加された機能は大幅にアップグレードされています。



これらのアップグレードの規模と拡張された機能セットは、すべての新しいソフトウェア機能に下位互換性があるわけではないことを意味します。 ただし、現在の DP-F および DP-N シリーズ アンプのユーザーは、DSP 制御ソフトウェアの複数の改善による恩恵を受けられます。 オリジナルの DP-F および DP-N アンプにも、DSP Control v1.1.8 の同時リリースにより多くの新機能が追加されました。

機能と互換性の完全なリストについては、サポート表を参照してください。

ソフトウェアの機能 – DSP 制御ソフトウェア v 1.1.8オリジナルバージョン23 月 XNUMX 日バージョンのみ更新
入力グループ機能を追加しました。 EQ、レベル、極性、ミュートはいはい
ミュート、遅延、音量のショートカット用の「全般」タブを追加しました。はいはい
デフォルトでは、パスワードを入力する必要がなく、Amp は工場出荷時モードで起動します。はいはい
権限ページが更新され、独立したパスワードとカスタマイズ可能なアクセシビリティを備えた XNUMX つのアクセス レベル「ユーザー」、「インストーラー」、「ファクトリー」が追加されました。はいはい
「デモ モード」は、より多くのオプションとリストのカスタマイズを備えた「仮想デバイス」ページに置き換えられました。はいはい
仮想デバイス設定を保存し、物理デバイスに割り当てることができます。はいはい
物理デバイスは仮想デバイスに保存できます。はいはい
「デバイスミラー」ページが削除されました。はいはい
出力セクションの「位相」が「極性」に変更されました。はいはい
ホーム ページに戻ったときに「変更を保存」ポップアップが削除され、設定が自動的に永続的に保存されるようになりました。はいはい
デバイスビューのIPアドレス表示することができます表示および変更できます
新しいライト モード テーマがソフトウェア GUI で利用できるようになりました。はいはい
*入力バックアップフェイルオーバーのしきい値を調整できるようになりました。いいえはい
※アナログ入力ソースは入力DSPチャンネルごとに選択可能です。いいえはい
*出力ミュートをリンクできるようになりました。いいえはい
※入力ボリュームが連動できるようになりました。いいえはい
*入力ソースを個別にミュートできるようになりました。いいえはい
*最大100msの遅延を備えた入力ソース遅延セクションを追加しました。いいえはい
*マルチバンド入力コンプレッサー機能を追加しました。いいえはい
*出力EQには8つのフィルターが利用可能になりました。いいえはい
*入力ソースに名前付けオプションが追加されました。いいえはい
*入力グループを追加 ディレイ機能いいえはい
ハードウェア機能オリジナルバージョン23 月 XNUMX 日バージョンのみ更新
※2チャンネルAES/EBU入力が可能になりました。いいえはい
*マルチキャストIP設定が可能になりました。いいえはい
*新しいカラーIPSディスプレイ。いいえはい
*エンコーダのサイズが縮小されました。いいえはい
*フロントパネルのメニュー機能を更新しました。いいえはい
*リアパネルのspeakONコネクタには、AコネクタにはChAとB、CコネクタにはChCとDというラベルが付けられています。いいえはい
*40のデバイスプリセットをアンプに保存できるようになりました。いいえはい
※RJ45コネクタは180度回転しました。いいえはい
*ロック付きXLRコネクターが付属いいえはい

NEW 
IPSカラーディスプレイ

NEW 
AES / EBU入力

NEW 
XLRコネクタのロック

DP-2200F

1 x 9520 ワッツ
4オームブリッジ
  • 2チャンネル
  • 8オーム2x 2000 W
  • 4オーム2x 3400 W
  • 2オーム2x 4760 W
  • 16オームブリッジ1x 4000 W
  • 8オームブリッジ1x 6800 W
  • 4オームブリッジ1x 9520 W
  • 100V Hi-Z 2×3400W
  • 70V Hi-Z 2×2400W

DP-4100F

2 x 5780 ワッツ
4オームブリッジ
  • 4チャンネル
  • 8オーム4x 1000 W
  • 4オーム4x 1700 W
  • 2オーム4x 2890 W
  • 16オームブリッジ2x 2000 W
  • 8オームブリッジ2x 3400 W
  • 4オームブリッジ2x 5780 W
  • 100 V Hi-Z:いいえ
  • 70V Hi-Z 4×1700W

DP-4065F

2 x 3740 ワッツ
4オームブリッジ
  • 4チャンネル
  • 8オーム4x 650 W
  • 4オーム4x 1100 W
  • 2オーム4x 1870 W
  • 16オームブリッジ2x 1300 W
  • 8オームブリッジ2x 2200 W
  • 4オームブリッジ2x 3740 W
  • 100 V Hi-Z:いいえ
  • 70V Hi-Z 4×1100W

DP-4035F

2 x 2020 ワッツ
4オームブリッジ
  • 4チャンネル
  • 8オーム 4 350でX
  • 4オーム4x 595 W
  • 2オーム4x 1010 W
  • 16オームブリッジ2x 700 W
  • 8オームブリッジ2x 1190 W
  • 4オームブリッジ2x 2020 W
  • 100 V Hi-Z:いいえ
  • 70 V Hi-Z:いいえ

制御する

内部DSPのパワーを活用する

付属の編集ソフトウェアは、DP-Fアンプ内のすべてのシステムパラメータとDSP機能の実用的な概要を提供します。

DP-Fをリモートで監視および編集するのは簡単です。

前のスライド
次のスライド

FIRフィルター

FIRフィルタリングは 

  • 大きさと位相の独立した制御。 
  • より詳細なイコライゼーション。
  • 周波数と電力応答の最適化。

安定 2オーム

巨大な出力と2オームまで安定

DP-Fシリーズの出力値は驚異的です。 定格電力出力は、THD = 1%、連続正弦波1 KHzで測定され、各チャネルは同時に動作します。 

DP-Fアンプも2オームまで安定しています。 これにより、複数の8Ωまたは16Ωスピーカーを極端な電力で駆動できます。

イーサネットx2

制御は、前面のイーサネットネットワークコネクタを介して行われます。

付属の制御ソフトウェアを使用すると、すべてのパラメータを編集でき、すべてのパフォーマンス機能をリモートで監視できます。

力率補正



簡単にしましょう…。 代わりに PFC と呼んでください。

PFC は、DP シリーズ アンプ内のスイッチング モード電源と組み合わせることで、アンプの効率を向上させ、AC 電源の大きな変動があってもスムーズな電力供給を保証するように調整します。

現実の世界では、アンプの性能と安定性に大きな違いが生じます。

システムを構築する

DP-FおよびDP-Nアンプは、大きなラインアレイ用に作られています。

たった3個のDP-4100FまたはDP-4100Nで……大規模なシステムを作成できます。

70 V / 100V対応

この高インピーダンスシステムの例では、DP-2200Fは最大100個のi8Tスピーカーを駆動できます。この構成では、100個未満のi8Tを駆動することもできます。 2から100までの任意の数!



100 Vモードに切り替えると、 DP-N(F)モデルでは、ピークリミッターとRMSリミッターが自動的に設定されます。 EQセクションで設定する必要があるのはHPFのみです。

重要:負荷をアンプに接続する前に、まずインピーダンスブリッジを使用してラインインピーダンスを測定します(単純な低コストのユニットで十分です)。 負荷インピーダンスが低すぎると、パワーアンプに負荷がかかり、過熱または歪みする可能性があります。 100Vまたは70Vの回線に無制限の数のスピーカーを接続できるというのは神話です。 負荷インピーダンスがアンプの最小動作インピーダンスよりも低いと測定された場合は、次に低い電源タップですべてのスピーカーを再度タップします。 これにより、負荷インピーダンスが上昇します。 もう一度測定します。 

DSP プリセットは作業を容易にし、システムを最大限に活用するために不可欠です。

簡単にするために、DP-F および DP-N シリーズ アンプ用の多くのラウドスピーカーの現在のプリセットをすべて含む単一ファイルのダウンロードを作成しました。新製品のプリセットを追加すると、「Wharfedale Pro Preset Library.zip」ファイルが大きくなり、システム プリセットの完全なコレクションが含まれます。

各プリセットについて詳しく説明した README ファイルも含まれています。

規格

モデルDP-2200FDP-4100FDP-4065FDP-4035F
定格電力(THD = 1%、各チャネルは連続正弦波1 KHzで同時に動作します)8Ω/ステレオ2 2000でX4 1000でX4 650でX4 350でX
4Ω/ステレオ2 3400でX4 1700でX4 1100でX4 595でX
2Ω/ステレオ2 4760でX4 2890でX4 1870でX4 1010でX
16Ω/ブリッジ1 4000でX2 2000でX2 1300でX2 700でX
8Ω/ブリッジ1 6800でX2 3400でX2 2200でX2 1190でX
4Ω/ブリッジ1 9520でX2 5780でX2 3740でX2 2020でX
100Vハイインピーダンス2 3400でX
70Vハイインピーダンス2 2400でX4 1700でX4 1100でX
出力RMS電圧126.5 V89.4 V72.1 V52.9 V
最大入力レベル+21dBu
アンプゲイン35 dB35 dB35 dB35 dB
THD + N代表値:0.05%(定格電力10%、8Ω)
クロストーク≥90dB(20 Hz-1 KHz、定格電力未満、8Ω)
周波数特性標準値:+ 0、-0.5 dB(10%定格電力、20 Hz〜20 KHz、8Ω)
入力インピーダンス20kΩ(バランス)、10kΩ(アンバランス)
減衰係数≥1000(20 Hz-200 Hz、8Ω)
SNR≥105dB(デフォルトゲイン、A加重、20 Hz〜20 KHz、8Ω)
主力90〜260 VAC、50/60 Hz
保護電力不足電圧保護、増幅器出力DC保護、熱保護、温度電力制御、過負荷電力制御
サイズ(W×H×D)483 X 45 X 376ミリメートル
正味重量9.3キロ9.1キロ9.1キロ8.0キロ